JBCスプリント

    db6c9_60_30e79ae9_60d3c269
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1630985512/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/07(火) 12:31:52.23 ID:eZIDYqlU0
    9月1日のサマーチャンピオン・交流G3で3着のコパノキッキング(セン6歳、栗東・村山明厩舎、父スプリングアットラスト)は
    引き続き武豊騎手=栗東・フリー=で東京盃・交流G2(10月6日、大井・ダート1200メートル)に向かう。
    その後は交流G1のJBCスプリント(11月3日、金沢・ダート1400メートル)を予定している。

    管理する村山明調教師が今後のローテーションを説明。
    秋の目標としているJBCスプリントは19年(浦和)に首差2着、20年(大井)は6着。
    2019年以来、2年ぶりの東京盃制覇を飾り、砂の短距離G1に向けて勢いをつけたいところだ。

    https://hochi.news/articles/20210907-OHT1T51057.html

    【【武豊騎手は凱旋門賞断念?】コパノキッキング 10/6の東京盃も引き続き武豊騎手との報道】の続きを読む

    1eb83_60_e4490cec_c3a23adc
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1602069778/l50
    画像転載元:https://news.livedoor.com/
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/10/07(水) 20:22:58.99 ID:9+3gpoBN0
    やらかしすぎだろ

    【【東京盃3着】コパノキッキング 藤田菜七子「次につながる競馬はできた」】の続きを読む

    c84f9_50_60d1cb8a_a293c535
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1601951175/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/10/06(火) 11:26:15.13 ID:d1J2QXcN0
    助さん@suke3883
    今日は残念でしたけど
    #モズスーパーフレア の次走は、
    以前から使いたかったダートの
    #JBCスプリント に挑戦する予定です🎵

    【【ダートに初挑戦】モズスーパーフレア 次走はJBCスプリントへ】の続きを読む

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1577598279/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/29(日) 14:44:39.63 ID:v5PEQw+P0
    ラジオNIKKEI「鈴木淑子の世界は競馬でまわってる」の中でゲストのコパが語る

    【【朗報】Dr.コパ「来年はコパノキッキングで菜七子にJBCスプリントを取らせたい」】の続きを読む

    666px-Bulldog_Boss_JBC_Sprint_2019
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1577260885/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%9C%E3%82%B9
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/25(水) 17:01:25.96 ID:7PXAaIIP0
    今年の交流GI・JBCスプリント勝ち馬で、25日に浦和競馬の重賞ゴールドCをハナ差で制したブルドッグボス(浦和・小久保智厩舎、牡7歳)が中央入りすることになった。ゴールドCのレース後、小久保調教師が明らかにしたもので、栗東・加用正厩舎に転厩する。

     この日は逃げたノブワイルドをゴール寸前でハナ差かわしての重賞連勝。以前も中央に在籍してオープン特別3勝を挙げた実績があるが、決め手に磨きがかかって重賞3勝を積み重ね、再度の中央入りとなった。今後はフェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダート1600メートル)を目標に調整される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000536-sanspo-horse

    【【フェブラリーS狙う】JBCスプリント馬ブルドッグボスが中央再転入】の続きを読む

    このページのトップヘ