G1

    money_ryousyusyo
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1569549947/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/09/27(金) 11:05:47.26 ID:LRvlklpV0
    「バローズ」の冠名で知られる猪熊広次オーナーがフランスで現役の重賞ウイナーを購入し、凱旋門賞当日に行われるG1のフォレ賞(芝1400メートル、10月6日=パリロンシャン)へ出走させることが分かった。

    購入したのはシャペ厩舎の3歳牝馬ロック(父ロウマン)で、昨年はデビューから3戦無敗でG3オマール賞を制覇。
    凱旋門賞当日のマルセルブーサック賞は6着、今年の仏1000ギニー(プールデッセデプーリッシュ)は7着に敗れているが、スピード豊かな牝馬で、将来的には繁殖牝馬としての活躍も期待される。
    ダービー馬ロジャーバローズは故障(引退)のために遠征できなかったが、猪熊オーナーの勝負服が凱旋門賞当日のパリロンシャン競馬場を走ることになる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-09270042-nksports-horse

    【【旅行ついで?】ロジャーバローズ猪熊オーナー仏3歳重賞馬購入してG1出走へ】の続きを読む

    70631_929_spnldpc-20190628-0028-002-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1561670650/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/06/28(金) 06:24:10.11 ID:rk0F5uDO0
    ダートの短距離戦で活躍するコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山厩舎)が、米国競馬の祭典、ブリーダーズCスプリント・G1(11月2日、サンタアニタパーク競馬場・ダート1200メートル)の
    早期登録締め切りとなる7月15日までに正式に手続きすることが分かった。オーナーサイドが27日に明らかにした。

    同馬では2月のフェブラリーS(5着)で、藤田菜七子がJRA女性騎手として初めてG1に挑戦した。その後は4月の東京スプリント・交流G3(2着)を経て、北海道スプリントC・交流G3(6月6日、門別)を使う予定だったが、フレグモーネで回避。
    現在は放牧先で、クラスターC・交流G3(8月12日、盛岡・ダート1200メートル)に向けて調整を進めている。

    以前から、同馬を所有する小林祥晃オーナーが「菜七子とアメリカに行きたい」と夢を描いていたプランが、いよいよ現実となりそうだ。「詳細については村山調教師に一任しています」と同オーナーはコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000211-sph-horse

    【【アメリカ進出】藤田菜七子騎手、コパノキッキングで米G1ブリーダーズCスプリント挑戦】の続きを読む

    480px-Teruya-Yoshida20110206
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1561521097/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%85%A7%E5%93%89
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/06/26(水) 12:51:37.43 ID:OADGLOzw0
    なぜここまで落ちぶれたのか

    【【悲報】社台ファームさん、2018年フェブラリーS以来G1勝利なしwww】の続きを読む

    このページのトップヘ