jagi
転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1635818529/l50
1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/11/02(火) 11:02:09.89 0




前半1000mが60秒5のスローペースで、後半が57秒4というのは、距離こそ違うが今年のダービーでの前半60秒3、後半57秒0という流れに近いものがあった。そのダービーと同じような位置取りで、ハナ差負けの経験を糧としたかのような横山武史騎手の手綱捌きには最大級の称賛を贈りたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/82c5695b40b07320abd488a41fddf3480a67b89b


同時に、トラウマのように脳裏に焼き付いていた黒星へのリベンジも果たせた。「ダービーのこともあったので人生で初めてうれし泣きしました」。今でも「思い出したくもない」と話すダービー。5月30日のダービー当日以降、1か月近く白星から見放された時もあった。「ショックもあったかもしれません」。だからこそ、あふれる涙の粒が鹿毛の馬体にこぼれた。

 地道に騎手としての土台を築き上げてきた。デビュー当初は利き手ではない左手で箸を使い、ご飯を食べた。左脳だけでなく、右脳を働かせる訓練だ。「どうして左手を使うのか聞くと、バランスよくするためだと。今では左でも普通にご飯を食べているけどね」と師匠の鈴木伸調教師。競馬学校時代には日本競輪学校(現・日本競輪選手養成所)での訓練で約30度あるバンクに挑戦し、転倒し負傷したこともある。自分に決して壁をつくらない22歳はさらに飛躍する。

 5年目の今年は皐月賞を同馬で制し、菊花賞をタイトルホルダーでVと、G1・3勝。「5年間の中で一番濃い1年なのかなと思います」。次走は有馬記念の予定だ。「(距離は)あと500メートル延びる。一層折り合いを大事にしていきたい」。ダービーの借りを返したコンビは年末も競馬ファンを熱くする。(恩田 諭)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff5fc99e54c0997e8f91208b2945a999323afda6



天皇賞・秋V「エフフォーリア」が世界トレンド1位 “3強対決”制しネット絶賛「殿堂入りしそう」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d193fd784634c3667903c7f5a3f2c68bb5bff5f
VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:: EXT was configured

【【兄を超え、父を超え】横山武史がG1連勝 競馬界のスター誕生】の続きを読む