自信

    E39F6436-B521-4295-A310-4E22F7EF80B9
    転載元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1632739876/
    画像転載元:https://news.livedoor.com/article/detail/20932579/

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/27(月) 19:51:16.84 0
    前走の宝塚記念で北村友一の代打騎乗を務めたルメールはこう話す。「すごくいい馬。バゴ産駒でパリロンシャンの馬場も合います。ドバイでミシュリフと接戦の2着。そのミシュリフがキングジョージで2着、インターナショナルSを勝ちましたから。凱旋門賞で乗りたかった。乗れば勝つ自信があります。コロナが憎いです」。
    帰国後は2週間の隔離となるため、渡仏を断念したが、後ろ髪を引かれる思いのよう。勝つ自信がある-。

    その言葉は日本のファンにとって心強い限りだ。


    https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=193446
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:: EXT was configured

    【【自信満々なのに】ルメール「クロノジェネシスは僕が乗れば凱旋門を勝たせる自信がある。コロナが憎い」】の続きを読む

    05e24_50_c61e0dbd_e3b87580
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1623313422/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/10(木) 17:23:42.67 ID:ZMACdt290
     高野調教師は「本当に多くの皆様から支持をいただいて感謝しています。期待に応えられるように、一生懸命に仕上げていきます。牧場(滋賀・ノーザンファームしがらき)にも見に行きました。怖いと思うぐらい状態はいいです。来週から速い時計を出して行きます。(宝塚記念で対戦予定の)クロノジェネシスは、若い時から距離や場所を問わずトップレベルの走り。ワクワクしています」と大一番が待ちきれない様子だった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5722d6c4cb8d8769c38c91fe6894ee898cdcaa9

    【【宝塚記念にかなりの自信】レイパパレ 高野師「怖いと思うぐらい状態はいい」】の続きを読む

    220b2_50_3ddd5a66_59429bd6
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1602905089/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/10/17(土) 12:24:49.56 ID:HiCWn4as0
    ソースはテレビ

    【【自信満々!】福永祐一「コントレイルを三冠馬にさせてやりたい」】の続きを読む

    85d4d_929_spnldpc-20200625-0022-005-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1593058015/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/06/25(木) 13:06:55.39 ID:6Hdl5fw40
    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20200624/ope20062411070011-s.html
    助手「帰厩してから、1カ月以上かけてじっくり調整してきた。これまでで一番の状態と言っていいか。」

    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/06/25/kiji/20200624s00004192450000c.html
    角居「いい時計で上がってきた。いい競馬ができそうだ。これが古馬の風格。馬の形が変わってきた」

    【【宝塚記念】サートゥルナーリア陣営「生涯最高のデキ」】の続きを読む

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1591522786/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/06/07(日) 18:39:46.89 ID:EvNw5tLd0
    no title

    no title

    【【勝つ気満々だったw】藤沢和雄調教師「アーモンドアイを負かすつもりないなら乗せないからな」】の続きを読む

    このページのトップヘ