海外遠征

    97eb9_929_0887bce3_76bddc79
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648453906/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/28(月) 16:51:46.19 ID:IfKuNBpm0
    同着でドバイターフ連覇を果たしたロードノースは20年にロイヤルアスコット開催のG1プリンスオブウェールズSを制しており、今年も順調なら同レース(G1、芝1990メートル、6月15日、アスコット)への参戦が決まっている。パンサラッサの今後の目標について問われた矢作師は「もしロードノースがプリンスオブウェールズに行くなら、私たちも行かなければいけないでしょう」と英語で答え、劇的な同着制覇2頭による再戦の可能性に言及した。

    矢作厩舎は11年のセントジェームズパレスS(1着フランケル)にグランプリボスで出走(8着)。ドバイゴールドカップを勝ったステイフーリッシュもアスコットゴールドカップへの遠征が検討されており、ロイヤルアスコット開催への参戦が実現すれば、11年ぶりとなる。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cff88d16fb8c43df2e6ec0a81dd4e053e71c638

    【【次走はロイヤルアスコット】パンサラッサ 矢作師「ロードノースが行くならプリンスオブウェールズSで再戦」】の続きを読む

    1c910_50_b617908f_895a85ad
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1641886930/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/01/11(火) 16:42:10.33 ID:InJbXsVX0

    【【春は国内専念】2021年度代表馬・エフフォーリア 大阪杯から始動】の続きを読む

    053a7_929_894a7d5d_23154790
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1640559619/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/12/27(月) 08:00:19.30 ID:pWoKyLg10
     皐月賞、天皇賞・秋に次ぐGI3勝目は決して圧勝ではなかったが、馬主の(有)キャロットファーム・秋田博章代表は、「直線を向いたときから“大丈夫”と、もう安心してみていられた。強いのひと言です」と顔色ひとつ変えず愛馬の強さをたたえた。そして「天皇賞もそうでしたが、強い相手を破ってのもの。これで年度代表馬でしょう」と続け、相好を崩した。

     来年に向けては「(今年の)凱旋門賞の結果から(海外は)簡単ではない。国内に専念するつもり」とプランの一端を明かしたが、かたわらでノーザンファームの吉田勝己代表は「蹄に問題がある馬。ドバイを含め、ゆっくり考えたい。白紙だね」と付け加えた。

     それでも希望は膨らむ。種牡馬としての将来をも見据えてか、「まだ10~15%の良化余地がある。父のエピファネイアを超えることも十分」と吉田氏と秋田代表は口をそろえた。来春、3月15日には全弟、全妹のいずれかが誕生の予定になっている。
    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20211227/ope21122704590002-s.html

    【【年度代表馬ほぼ確定】エフフォーリア 来年は国内専念か】の続きを読む

    d1e2d_1676_5bfb272b_95f5c30b
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1636246614/l50
    画像転載元:https://news.livedoor.com/
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/11/07(日) 09:56:54.51 ID:/29xI5rx0
    マルシュロレーヌがBCディスタフでV 日本調教の牝馬で海外ダートG1初勝利 矢作芳人調教師「もう死んでもいいくらい」
    11/7(日) 8:15配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5dd56c43ad2559a144abaaed3fd11e089d79f4c
    スポーツ報知
    ◆ブリーダーズCディスタフ・G1(現地時間11月6日、デルマー競馬場・ダート1800メートル、牝馬限定、11頭立て)
    日本から参戦したマルシュロレーヌ(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父オルフェーヴル)が4角先頭の積極的な競馬で接戦を制して、
    日本調教馬の牝馬としては海外のダートG1初勝利となった。
    初コンビのオイシン・マーフィー騎手=アイルランド=が、巧みなリードでVへと導いた。

    同馬は4歳だった2004年秋からダートに転向し、地方交流重賞を4勝(20年レディスプレリュード、21年TCK女王盃、エンプレス杯、ブリーダーズゴールドC)。
    同馬にとって初めての海外遠征で、日本の競馬史に刻まれる一勝となった。

    矢作芳人調教師(マルシュロレーヌ=1着)「ちょっと仕掛けが早いかなと思った。(人気がないのは)なんで馬鹿にされているのかなと思っていた。(BCで一日2勝は)もう死んでもいいくらい。ダートで勝てたことがうれしい」

    コントレイルの引退レース見る前に死んでもいいのかよ!

    【【ラヴズ & マルシュでBC2勝】矢作芳人調教師「もう死んでもいいくらい」】の続きを読む

    internet_kanki_man2
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1588657815/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/05(火) 14:50:15.86 ID:LVto7s8D0
    アーモンドアイ ルメール
    ラッキーライラック デムーロ
    クロノジェネシス 北村友
    ラヴズオンリーユー ◯◯
    カレンブーケドール 津村
    サートゥルナーリア レーン
    フィエールマン 池添
    ワグネリアン 福永
    ブラストワンピース 川田
    ウインブライト ◯◯
    キセキ 武
    グローリーウェイズ 戸崎
    マカヒキ 内田
    ユーキャンスマイル 浜中
    スティッフェリオ 丸山
    ダンビュライト 松若
    エタリオウ 横山典
    カデナ 鮫島

    【【海外遠征難しい】このままいくと宝塚記念のメンバーが凄すぎると話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ