松岡正海

    210825_1
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1629944390/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/08/26(木) 11:19:50.31 ID:EvyUwxiS0
    佑介 ウインブライトロスに陥っていませんか?

    松岡 確かに…。あんなに深く愛した馬はいないからねぇ。

    佑介 「あんなに深く愛した馬はいない」かぁ…。そんな言葉、僕も言ってみたいなぁ。マジで最高ですね。

    松岡 ウインブライトに関しては、躊躇なくそう言えるね。あんな馬にはもう出会えないだろうと自分でも思うし。

    【【悲報】藤岡佑介騎手 騎手人生の中で深く愛した馬に出会ったことがなかった】の続きを読む

    3d69c_60_7418f7d6_bb35750a
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1614498123/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/02/28(日) 16:42:03.25 ID:m3xLKZKF0
    寒そう

    【【感動のラストメッセージ】蛯名正義騎手の引退式 チャラ男が悪目立ちする】の続きを読む

    3af4c_60_e0cad61c_fba4404e
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1588936044/l50
    画像転載元:https://news.livedoor.com/
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/08(金) 20:07:24.18 ID:gpOFDm7K0
    茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田にて調整のペースを上げていたウインブライトですが、
    左前に蟻洞の症状が確認されています。削蹄、装蹄をして様子を見て、一時は歩様の回復もありましたが、
    再び蹄を気にする様子があったことから、レントゲン検査を行いました。
    結果、内部の炎症範囲が広く、回復に時間がかかることから、次走予定だった宝塚記念は回避いたします。
     さらには急激な暑さにより、今週に入って四肢がむくみ、ぐったりとした様子も見せているため、現在は補液で対処しています。


    【【香港G1・2勝】ウインブライトが蟻洞で引退危機】の続きを読む

    20200506-01837299-tospoweb-000-6-view
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1588888619/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/08(金) 06:56:59.76 ID:PNRRgsvb0
    出会いは昨夏の函館だった。
    松岡の計らいで、入厩したばかりの2歳馬の調教を任された原田和真騎手(26)=美浦・フリー。
    その馬こそが、デビューを前にしたプリンスリターンだった。
    松岡がオーナーと加用師に頼み、新馬戦の手綱を取った原田和馬は勝利という結果で期待に応えた

     その後は、馬が栗東トレセンに戻ってからも、美浦から駆けつけて調教をつける日々。
    ききょうSのV、そして初の平地G1騎乗がかなった朝日杯FSで5着に奮闘するなど、信頼を得てきた。
    前走のアーリントンCは3着に敗れたが、鞍上は「前半競られたし、先行して残ったのはこの馬だけ。力を見せた」と前向きに話す。

     全ては相棒とNHKマイルCを制すために-。
    昨年10月以降は落馬の危険性が高い障害レースの騎乗を休止。
    さらには、2月末から栗東に滞在して絆を深めてきた。
    水曜の追い切りでは「直線で沈む感じだったし、前走を使った上積みを感じます。さらに力をつけている」と手応えをつかんだ。

     「先生から“馬から学ぶことが多い。ずっと乗ってきたんだから、落ち着いて乗れば、馬が応えてくれる”と言ってもらいました。
    結果を残して、オーナーや先生に恩返しをしたい」。
    出走馬18頭の中で唯一、新馬戦からコンビを組み続けてきた。
    パートナーを信頼して、栄冠を目指す。(デイリースポーツ

    【【朗報】松岡正海はいいヤツだった!原田和馬がプリンスリターンに乗れるよう頼む】の続きを読む

    200324_1
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1584947651/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/03/23(月) 16:14:11.76 ID:pOs7aTXo0
    28日にドバイのメイダン競馬場行われるドバイターフ(G1・芝1800m)に出走を予定していたが、同レース(を含むドバイワールドCデー諸競走)が開催中止となったウインブライト(牡6、美浦・畠山吉宏厩舎)は、
    4月26日に香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスII世C(G1・芝2000m)への転戦を予定していたが、これについても出走を断念することになった。所属するウインレーシングクラブが23日、ホームページで発表した。

     香港への入境時に関係者が14日間隔離されること、いったん日本に帰国した馬は3週間の検疫が必要となることから日程調整が不可能となった。今後については、現段階では6月28日に阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI・芝2200m)を次走候補としている。

     ウインブライトは父ステイゴールド、母サマーエタニティ、その父アドマイヤコジーンという血統。昨年、クイーンエリザベスII世Cと香港C(G1・芝2000m)と、香港で2つのビッグタイトルを獲得した。ウインブライトを含む、ドバイ現地入りしている日本馬は順次帰国となる。

    【【悲報】ウインブライトは香港G1も回避し、宝塚記念を視野に】の続きを読む

    このページのトップヘ