新馬戦

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1660739801/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/08/17(水) 21:36:41.13 ID:xJbDizPy0
    動画の6分50秒あたりからです
    https://youtu.be/32Y6P506dRY

    【【騎手選びの真相】安田調教師「新馬戦のレース後のコメント内容に中身がない騎手にはもう声を掛けようとは思わない」】の続きを読む

    669e6_60_51573004_59c60365
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1659756515/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/08/06(土) 12:28:35.57 ID:tiOaDFSS0
    これは強い

    【【高額リアルスティール産駒】フェイト 5馬身差圧勝ワロタwwww】の続きを読む

    c9cb7_50_f8780792_35a9842b
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1658459306/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/07/22(金) 12:08:26.94 ID:CQzvLDZk0
    東の名門・国枝厩舎からまた一頭、素質馬がデビューする。漆黒の馬体が目を引くシュバルツガイスト(牡2歳、父キタサンブラック)が24日札幌5R(芝1800メートル)で初戦に臨む。背中には父の主戦・武豊を迎える。

    函館芝、札幌芝と2週連続で感触を確かめた鞍上は「いいですね。十分動いているし、素質がある」とポテンシャルの片りんを感じ取った様子。国枝純助手も「いい動きでしたし、時計も出ています。さすがに息は上がっていたけど、これで整うと思います」と好仕上がりを伝えた。

    騎手、助手ともに「かっこいい馬」と口をそろえる黒鹿毛。厩舎悲願の牡馬クラシック制覇に向け、まずは好発進を決めてみせる。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6dfd778988cb7e829bf5b277e5aa3c99c0b3caa

    【【国枝厩舎の素質馬】シュバルツガイスト 新馬戦の準備整う】の続きを読む

    pose_english_wow_man
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1656415627/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/06/28(火) 20:27:07.67 ID:EIV8jpfg0
    日本の地方競馬で衝撃の“ポツン→大逆転V”誕生 海外戦慄「史上最も衝撃的デビュー」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91434c2b6d70028787ec0a04fbf5df6ca425ce21

     衝撃のレースは、27日に行われた大井競馬の第4レース、ダート1400メートルの2歳新馬戦で生まれた。6頭が揃ったスタートを見せたが、2番のシテイタイケツ(牡・上杉昌宏)の鞍上、矢野貴之騎手が突然バランスを崩して鞍に尻をついた体勢に。
    馬が砂を嫌がったのか、大きく取り残された。レースは4頭が先団を形成し、競り合うハイペース。そこから1頭が10馬身以上離れ、シテイタイケツはさらにそこから10馬身。向こう正面では先頭から20馬身以上遅れてしまった。

     3、4コーナーで徐々に差を詰めたが、直線の入口でも15馬身ほどの差がある。普通ならここで勝ち負けからは完全に圏外になるところ。しかし、だ。矢野騎手の鞭が飛んだシテイタイケツは、残り1ハロンで1頭を交わすと、ここから凄まじい勢いで加速。
    大外から1頭また1頭と交わしていくと、残り100メートルで競り合う2頭を一気にぶっこ抜き、突き抜けた。他馬が止まって見えるほどの脚色の差。終わってみれば、4馬身差の圧勝でデビュー戦Vを飾ったのだった。

     勝ち時計は1分30秒6、上がり3ハロンは驚異の37秒4。レース全体の上がりは40秒5、2着馬は41秒4だったから、いかに異次元の末脚だったか見て取れる。このレース映像はツイッター上で80万回以上再生されるなど、バズ状態に。
    「根岸Sのブロードアピール」「エルコンドルパサーの新馬戦かな?」「デュランダルに見えた」「ディープインパクトみたい」とファンに語り継がれる名馬の追い込みレースになぞえらえる声が上がったが、海外メディアも取り上げる事態に発展している。

     アジア専門の海外競馬ウェブメディア「アジアン・レーシング・リポート」は「日本のシテイタイケツがあり得ない位置からとんでもないフィニッシュで勝利」と報道。「不可能な位置から勝利を掴み、史上最も衝撃的なデビューを果たした」と報じ、
    日本で活動する競馬評論家ボブ・ワーリー氏は「間違いなくとんでもないパフォーマンス。私が競馬を担当している5年間の中で、こんなに後方から勝利を掴んだことはありません」と語ったという。

    映像
    https://www.nankankeiba.com/sp_liveon/2022062720060104.do

    【【20馬身ポツンからのごぼう抜きw】大井競馬の新馬戦が海外でも話題に「史上最も衝撃的デビュー」】の続きを読む

    27a4e_929_2b1f3a90_5740ce0b
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1655860259/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/06/22(水) 10:10:59.83 ID:dzIeWFBP0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ca6b1b4a6c140c70c39adb419db8c76585f6491
    「出世レースに合わせ使うだけの馬」
    「やればいくらでも動きそう。2歳離れした動きをしている。ダイナミックな走りで全身を使えている。不安はない」

    【【伝説の新馬戦】池添学師「ドゥラエレーデに不安は無い」】の続きを読む

    このページのトップヘ