放牧

    450a8_929_9f98124a_f5a136ff
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1650455109/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/04/20(水) 20:45:09.59 ID:Etbsuhbl0
    背腰に再び疲れが!!
    果たしてダービーに間に合うのか!?

    【【外厩で何してるの?】イクイノックス また放牧へ】の続きを読む

    Takayuki-Yasuda20111204
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1645674703/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E9%9A%86%E8%A1%8C
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/02/24(木) 12:51:43.13 ID:VLT6cckB0
    〈栗東〉共同通信杯7着のダノンスコーピオン(牡、安田隆)は近日中に放牧へ出されるが、「春には間に合わなさそう。立て直しに時間がかかる。将来があるので、今は無理をしない」と安田隆師は話した。
    https://www.daily.co.jp/horse/pog_toku/2022/02/24/0015087065.shtml

    【【共同通信杯に強行出走も惨敗】ダノンスコーピオン、春全休 安田隆師「立て直しに時間がかかる」】の続きを読む

    2B829058-85A3-44A7-91ED-019BB96E7969
    転載元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1631338390/
    画像転載元:https://news.livedoor.com/article/detail/20850977/
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/11(土) 14:33:10.73 ID:qyW3yljU0
    今年の桜花賞2着馬で、牡馬相手の日本ダービーにも果敢に挑戦する(2番人気5着)など、上半期クラシック戦線を湧かせたサトノレイナス(牝3・国枝厩舎)が、右トモを骨折していたことが11日、分かった。管理する国枝調教師が発表したもの。

    「8月下旬に牧場でアクシデントがあって右トモを骨折。その後、北海道の社台ホースクリニックで骨片の除去手術は終わったんだけど、骨折の箇所としては珍しい場所なので、今後に関しては様子を見ないとなんとも言えない」と国枝師。「当然、GⅠタイトルを狙っていただけに残念」と肩を落とした。

     同馬はこの秋、牝馬3冠最終戦の秋華賞(10月17日=阪神芝内2000メートル)に直行するプランを立てていた。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/3622435/

    【【最近の放牧は過酷…】サトノレイナス 骨折で年内絶望】の続きを読む

    51f19_929_spnldpc-20210514-0264-003-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1620980660/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/14(金) 17:24:20.34 ID:MmsKRN0O0

    【【全治不明の大怪我】デアリングタクト 繋靭帯炎で長期休養へ】の続きを読む

    cfe14_60_7cf421f8_3764b444
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1619348231/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/04/25(日) 19:57:11.82 ID:/21JOHo30
    皐月賞・G1で8着のレッドベルオーブ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)は、右前脚の管骨を剥離骨折していたことを所属の東京サラブレッドクラブが4月25日にホームページで発表した。

    日本ダービー・G1(5月30日、東京)を目標に調整を進める予定だったが、右前脚に圧痛があり熱感が取れなかったためX線検査を行った結果、故障が判明。近日中に北海道に放牧に出て休養に入る。
    https://hochi.news/articles/20210425-OHT1T50184.html

    【【ダービー出走権争いが白熱】レッドベルオーブ 右前脚骨折でダービーを回避、休養へ】の続きを読む

    このページのトップヘ