大阪杯

    1f390_60_948d1183_9a419988
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648706553/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/31(木) 15:02:33.11 ID:hcY9aRnN0
    ルメールどうした?w

    【【大阪杯急きょ乗り替わり】アリーヴォ ルメールから武豊に乗り替わり】の続きを読む

    family_airplane_travel
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648564096/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/29(火) 23:28:16.44 ID:tVa8KKgu0
    藤田伸二@FujitaOfficial

    ドバイ組の騎手達…
    飛行機で濃厚接触の疑いらしい…

    今週乗ってなかったら自宅謹慎やな…
    可哀想に…
    元気やのに❗

    せっかく感動与えてくれた連中をすぐに観たいよな❗



    大阪杯 騎乗予定騎手
    https://i.imgur.com/J8D6AGY.jpg
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【大阪杯は乗り替わり多数か】藤田伸二氏が暴露 ドバイ組の騎手たちが飛行機で濃厚接触の疑い】の続きを読む

    c097c_929_c0057e87_29728550
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648596313/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/30(水) 08:25:13.25 ID:0OIDoylL0
    逃げ候補は残った前哨戦の勝ち馬2頭。中でも京都記念を12番人気で逃げ切ったアフリカンゴールドは管理する西園正師が「今回も逃げるつもり」と力強く逃げ宣言。引き続き手綱を託された国分恭も「そういう指示が出るなら行きたいと思います」と力を込めた。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/03/30/kiji/20220329s00004000636000c.html

    金鯱賞勝ち馬ジャックドールは近4走が逃げ切りだが、5走前には2番手から抜け出して勝っている。藤岡師は「番手でも競馬しているし、無理に逃げなくてもいいかな」と臨機応変に対応する構えだ。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/03/30/kiji/20220329s00004000653000c.html

    【【大阪杯でハナをきるのは誰だ?】アフリカンゴールド西園師が逃げ宣言! ジャックドール藤岡師は「無理に逃げなくてもいい」】の続きを読む

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648217976/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/25(金) 23:19:36.78 ID:8+5K1HLQ0
    https://twitter.com/i/status/1507236316118876164

    かなり遅れてるし全く追い付けてないじゃん
    絶不調というか枯れた?
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【一週前追い切りの動画】エフフォーリア 本当に絶不調じゃないの?】の続きを読む

    fec1f_60_5506e3ca_13cff12d
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1648163589/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/03/25(金) 08:13:09.83 ID:ZK5L6oAj0
     22年の競馬界もこのコンビが引っ張る。21年の年度代表馬エフフォーリアが24日、横山武を背に美浦Wで3頭併せを行った。
    びっしり追われた直線で豪快なアクションを披露し、併入フィニッシュ。まだ全開といかないまでも、順調に調整を進められているのは何よりだろう。
    本番まであと1週間。始動戦に向け、現役最強馬が着々と態勢を整えている。

     貫禄を身にまとったエフフォーリアが雄々しく駆ける。美浦Wで大きく先行するフミローグ、コスモダークナイト(ともに3歳未勝利)を追走しながらペースアップ。
    直線に入っても前との差はなかなか詰まらなかったが、鞍上の横山武に追われると、目覚めたかのようにギアを上げて一気に加速する。
    猛烈な勢いで馬体を並び掛け、5F66秒5-37秒2-11秒6を計時。ゴール後も勢いを緩めず、僚馬2頭を突き放しながら伸び続けた。

     前夜の雨でぬかるんだウッドチップをモノともしない豪快な走りに、鹿戸師も納得顔だ。「思ったより前が頑張ったから手間取ったけど、
    馬場を考えれば上等でしょう。追いついてからの走りは(普通の馬と)全然違うよ」と目を細める。

     ただ、主戦のジャッジは前走のレース前と同様に手厳しい。「有馬記念の時と比べたらマシだけど、100%まではまだまだです。
    もっとスッと動けるはず」。それも求めるハードルが高いからこそだろう。「普段はおっとりしている馬だし、
    今回しっかりやったことで変わってくれれば」と、本番までの良化に期待を寄せた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6abb2f842202dc876b2793121eee2ed4febc5a47

    【【大阪杯弱気コメント】横山武史「エフフォーリアは有馬記念の時と比べたらマシだけど、100%まではまだまだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ