大塚海渡

    b82b0_60_981e88da_1a7a9b9d
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1637480672/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/11/21(日) 16:44:32.16 ID:0+l6NLwb0
    木 村 哲 也

    https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=196106
    東京11Rの第26回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GII・芝1800m)は1番人気イクイノックス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。2馬身半差の2着に4番人気アサヒ、さらに3/4馬身差の3着に6番人気テンダンスが入った。

    【【有望な2歳馬現るも】「イクイノックスて結構いいな。厩舎はどこだ」→】の続きを読む

    f4c25c9c-s
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1637464389/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/11/21(日) 12:13:09.46 ID:SPU1VHQL0
     20年1月の中山競馬での落馬事故で休養していた大塚海渡(21=美浦・フリー)が美浦トレセンでの調教騎乗を再開し、実戦復帰に向けてリハビリを続けている。

     落馬での戦線離脱からもうすぐ2年。やや大人びた顔つきとなった大塚は20日朝も複数頭の調教の騎乗。「お医者さんの方からトレセン内での調教への騎乗に許可が出て、
    実際に乗り始めたのは先週土曜(13日)からです。リハビリも兼ねてなので少しずつ時間をかけて、楽しく馬に乗ることを心がけています」と現状を語った。

     ファンにとっては競馬場で姿を見られる日が待ち遠しいが、さすがにブランクも長かったため、「体もそうですが、まだ自信を持って乗れるような段階ではないので。
    徐々に時間をかけて間隔を取り戻していきたい。競馬で騎乗するのもその後の話で、まだ全くの未定ですね」。焦らずじっくりと調整していくようだ。

    「これからもまた頑張りますので、よろしくお願いします!」

     実戦復帰はまだ見えてこないが、トレセンでの調教騎乗で大きな一歩を踏み出した大塚。今後の奮闘ぶりに注目だ。

     なお、同騎手が元所属厩舎の木村哲也調教師(49)にパワハラ被害を受けたとして損害賠償を求めた民事訴訟に関しては、10月8日に水戸地裁土浦支部(茨城県)で双方の和解が成立している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af1d6c76b5efe515a2abd90a515aae0117bf026b

    【【メンタル強すぎw】大塚海渡騎手 フリーで調教騎乗再開「これからもまた頑張りますのでよろしくお願いします!」】の続きを読む

    43c67_50_9cd725db_763c4719
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1631247784/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/10(金) 13:23:04.04 ID:8la8GKRr0
    大塚騎手側の代理人弁護士が「双方の主張は終わった。お互いの証拠も出たという前提で裁判所から、和解案を出すのでそれについて検討してほしい旨があった。こちらとしては(木村師が)暴言、暴行を認めて謝罪することと、相応の和解金、この2つだけ。和解案が出たら(大塚騎手)本人がどうしたいか確認して検討したい。無理に和解へすすめるようなことはしません」と明かした。原告、被告とも受け入れれば、次回予定の10月8日に和解が成立する。

     なお、木村師は大塚騎手に対して暴行を加えたことについて、土浦簡易裁判所から罰金刑(10万円)の略式命令を受け、7月27日に刑が確定。翌28日にJRAから10月31日までの調教停止処分が科されている

    https://race.sanspo.com/keiba/news/20210910/etc21091012490004-n1.html

    【【パワハラ賠償訴訟】木村哲調教師と大塚騎手との和解はありえるのか?】の続きを読む

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1629273432/l50
    no title
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/08/18(水) 16:57:12.79

    木村師が10月31日まで調教停止に 競馬パワハラ訴訟

     木村哲也調教師(48)=美浦=が、元厩舎所属の大塚海渡騎手(20)=美浦・フリー=に暴行を加えたとして略式起訴され、罰金刑(10万円)が確定した件で、JRAは18日、第2回裁定委員会を経て、同師による馬の調教を10月31日まで停止すると発表した。

     4日に開かれた第1回裁定委員会において予定される処分を定め、行政手続法により木村師に対して弁明の機会を与えたが、指定期日までに弁明書の提出はなかったという。

     審判担当の福田正二JRA理事は「今般、本会調教師による当時所属していた騎手への暴行事案に対し、罰金刑の司法処分が下されました。

     本会といたしましては本日、当該調教師に対して必要な処分を決定するとともに、改めて全調教師に対して再発防止に向けた注意、指導を徹底いたしました。今後、より一層、競馬サークル全体で暴力・パワハラ事案の根絶に取り組んでいく所存です。

     お客様や関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」とコメントした。

     なお、同騎手が暴言、暴行によるパワハラで精神的苦痛を被ったとして損害賠償を求めた民事訴訟は現在も係争中。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe41a911e0fe554868a66489e236a3fe8325f94
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【【騎手を殴って3ヶ月休業】暴行罪の木村哲也調教師 10月31日まで馬の調教停止処分のみ】の続きを読む

    vol29_p028_029
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1627868215/l50
    画像転載元:https://keibanotensai.com/archives/7091
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/08/02(月) 10:36:55.61 ID:81/SCPjs0
    暴行・パワハラ事件の真相
    2021年6月11日

    大塚海渡騎手サイドの告発によって発覚した、木村哲也調教師による暴行パワハラ事件。本誌では「悪魔の壁穴」にて、いち早くその状況をお届けしてきました。

    民事裁判で訴訟を起こし、刑事事件としても受理、現場検証を経て書類送検された前代未聞の事件の真相はいかなるものなのか。

    本誌3月号(2月13日発売)では大塚騎手サイドを直撃取材、その全容を語っていただきました。


    https://keibanotensai.com/archives/7091

    【【無期限の調教停止処分】木村哲也調教師による大塚海渡騎手への暴行・パワハラ事件の真相】の続きを読む

    このページのトップヘ