吉田勝己

    hair_nukege_stress
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1587884453/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/04/26(日) 16:00:53.99 ID:U7mywhgX0
    呪詛の甲斐があったか

    【【悲報】ノーザンファームさん 去年の勢いが全く無い…】の続きを読む

    807a7_1676_f2500428_c0fd703c
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1582616327/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/02/25(火) 16:38:47.35 ID:MXxWWLHx0
    クリソベリル&ゴールドが1着11億狙う/サウジC

    クリソベリル、ゴールドドリームで生産馬2頭出しのノーザンファーム吉田勝己代表は言う。
    「普通に走ればマキシマムセキュリティは断然でしょう。実力は抜けていると思います。
    日本の馬は5着に入れれば。5着でも1億円以上の賞金ですから」。
    サウジCの前日28日に行われる騎手招待競走でサウジ初騎乗の武豊騎手は15カ国以上での騎乗経験があるが、
    「楽しみですよ。まだ乗ったことのない国。
    ジョッキーもすごいメンバーがそろっていますからね。光栄です」と期待に胸をふくらませる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-22250432-nksports-horse

    【【悲報】吉田勝己「サウジカップは普通に走ればマキシマムセキュリティは断然。実力は抜けている」】の続きを読む

    32f56_1676_9f2f0cbe_5f03a917
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1580144022/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/01/28(火) 01:53:42.12 ID:Riu/0AHi0
    おととしの有馬記念覇者のブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)が、2年連続で凱旋門賞に挑戦する可能性が27日、浮上した。
    初めての海外遠征となった昨年の凱旋門賞は、極端に渋った馬場もあって11着に敗れていた。その後は放牧を挟み、復帰戦となった先週のアメリカJCCで勝利を飾り、グランプリホースの地力を証明した。

     生産者のノーザンファーム・吉田勝己代表はこの日、都内で行われたJRA賞授賞式に出席して、
    「もう1回、チャレンジしてもいいんじゃないかな。ハービンジャー(産駒)が、(欧州の馬場に)合わないわけがない」と、語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-01280029-sph-horse

    【【悲報】ブラストワンピース再び凱旋門挑戦か 吉田勝己「ハービンジャーが欧州の馬場に合わないわけがない」】の続きを読む

    ef3c64ca-d76c-422e-822f-bcc59403faec
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1576916984/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/21(土) 17:29:44.27 ID:xxWGQlUZ0
    何がここまで違うのか

    【【吉田兄弟】ノーザンF(今年G1 18勝)と社台F(今年G1 0勝)の違い】の続きを読む

    baf7a_50_92141cf9_2fb01bd4
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1576710184/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/19(木) 08:03:04.67 ID:8gP7aZdx0
    https://news.livedoor.com/article/detail/17547110/
    アーモンドアイを生産したノーザンファームの吉田勝己代表(71)も暮れの大一番を楽しみにしている。
    出走予定馬16頭中、実に12頭が同ファームの生産馬。中でもアーモンドアイにかかる期待は当然大きい。
    「つくろうと思ってつくれる馬じゃないんです。まさに神様が与えてくれたプレゼント」と同氏。
    ノーザンファームからはブエナビスタ、ジェンティルドンナなどの名牝たちも生まれているが、アーモンドアイの存在感は別格のようだ。
    「牝馬ではもう文句なしに史上トップ。日本だけでなく、世界の枠でもそうじゃないかなと。
    将来は繁殖牝馬としてどんな子を出すのか楽しみ。
    (熱発などで)レースに行くまでハラハラさせてくれるので、まずは無事にレースに向かってほしい」と愛情たっぷりに語っていた。

    【【有馬記念で証明】吉田勝己代表「アーモンドアイは牝馬ではもう文句なしに史上トップ」】の続きを読む

    このページのトップヘ