ノーザン

    fa808_50_91d6967a_6dca8341
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1644915030/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/02/15(火) 17:50:30.77 ID:Zn7RkyFd0
    ソースは公式

    【【悲報】オーソクレース 屈腱炎】の続きを読む

    Fumio-Koga20110105
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1644286408/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E8%B3%80%E5%8F%B2%E7%94%9F
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/02/08(火) 11:13:28.75 ID:aY/bvimK0
    2月末で定年、引退する調教師が語る「明日への伝言」の第4回は、美浦の古賀史生師(70)が登場する。6日現在、手にしたJRA重賞10勝のうち、3頭の外国産馬で6勝を挙げている。米国競馬を好むなど、89年の開業からこれまでを振り返った。

    (中略)

    30年前からしたら変わった。競馬の世界に入ると母親に言ったら「なんであんなところに」と言われる時代だった。それを考えると今は競馬学校でちゃんと教育されて、馬の質も変わっているわ、調教道具も変わっているわ、全然変わって来ちゃった。
    手綱ひとつにしても昔は布手綱だったので全然違うよ。俺らみたいなアナログ人間は、デジタル化したらついていけないな。最近、特にそういうのを感じる。
    馬の出し入れがすごいじゃない。放牧に出してレースを使って、また出して。なんで自分の手元で調教しないんだろうと思う。そういう流れについていけなくなった。だから、ちょうどやめ頃だと自分で思うよ。

    今の若い世代に伝えたいのは、調教師は調教師たれということ。要するに自分できちっと仕上げるということだね。調教“師”だから。経営者であると同時に技術者。技術者としての部分を忘れないでほしい。

    https://p.nikkansports.com/goku-uma/m/guide/column/article.zpl?topic_id=10103&id=202202080000071&mode=past&year=2022&month=2&day=8

    【【定年を前に競馬界に苦言】古賀史生調教師「使ってすぐ放牧する最近の流れについていけなくなった。なぜ自分の手元で調教しないのか」】の続きを読む

    New-Zealand
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1643175733/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/01/26(水) 14:42:13.73 ID:wneBYN7c0
    https://jra.jp/news/202201/012604.html

    ノーザンがトライアル使わないからか

    【【葵SはG3に格上げも】ニュージーランドトロフィー 格下げ警告】の続きを読む

    81335_50_e018bb07_3e7cdf8b
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1642585340/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/01/19(水) 18:42:20.58 ID:qxIqIx7S0
    ソースはシルク公式
    種牡馬模索もニーズなしとのこと

    【【2018年有馬記念優勝】ブラストワンピース 引退し乗馬へ】の続きを読む

    00bbb_929_6f3e3902_2f510b51
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1642154314/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/01/14(金) 18:58:34.24 ID:H58Yn/wP0
    ジャパンC3着のダービー馬シャフリヤール(牡4、藤原英)が、3月26日メイダンのドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル)を目標にすることが決まった。
    所有するサンデーレーシングが14日、公式サイトで発表した。予備登録を行い、選出を待つ。現在はノーザンファームしがらきで調整されている。

    【【エフフォーリアとの再戦は持ち越し】ダービー馬シャフリヤール ドバイシーマクラシックへ】の続きを読む

    このページのトップヘ