ナリタブライアン

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1645788026/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/02/25(金) 20:20:26.62 ID:M6NlDbTT0
    ライバルにも恵まれて

    【【記憶に残る名勝負の数々】マヤノトップガンっていい馬だったよな】の続きを読む

    Brian_and_topgun
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1638598027/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC44%E5%9B%9E%E9%98%AA%E7%A5%9E%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E5%85%B8
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/12/04(土) 15:07:07.07 0

    田原成貴 東スポインタビュー動画纏め

    「馬乗りの技術なんてもんはキャリア積めば誰でも一定に行けるの。才能のある奴はそこで一段飛ばしていける。でも競馬はレースだから。乗馬上手い奴がレースだと全くダメな奴も沢山いたよ。だから騎手てのはセンスが大事なのよ。
    技術は積めばいくらでも一定にできる。センスてのはね、そうはいかないの。あ、コイツが逃げるとすげー鮮やかだなとか、コイツが捲ってくると、すげー鮮やかだなとかあるでしょ?それは、見てる人に魅力を与えてるから、違う騎手が、乗ってもそうはならないよ。例えばサイレンススズカなんかは、俺や典が乗ってたらその時だけのインパクトで終わって、もっともっと誇大された意識が競馬ファンにはできちゃうよね。
    でも、あれは豊だったから、滅多にあんな乗り方はしない豊だったから、余計に鮮烈だったのがあるよね。
    優等生の王道スター騎手が、常識を超えたレースをして、それに酔ってしまう姿見というのは、まさにエンターテイメントなんだよ。
    人間てのはさ、ギャップが好きだから。え?こんなに大人しい顔してるのにこんな乗り方しちゃうの?とか、そうやって色気を出していたのが武豊なんだよね。だから俺はね、役者としても武豊に負けたなと思ったの。こんな奴いたら俺の存在が掻き消されてしまう。そういう恐怖があったよね、だからあの阪神大賞典はさ、ちょっとムキになってコメントしたの。
    本当の敗因はね、分かってたんだけどさ。俺がマヤノトップガンの気持ちを理解してやれなかったこと。だから凄く苦しくてさ、あんなコメントしちゃったの。」
    VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:: EXT was configured

    【【武豊に負けた】田原成貴 阪神大賞典後のコメントを後悔】の続きを読む

    05ed0_929_ac7d3412_39faae32
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1634808172/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/10/21(木) 18:22:52.94 ID:n/6WbxPb0
    お互いG14勝馬
    全盛期ならナリタブライアンが強すぎると思うが

    【【古馬G1未勝利の三冠馬】ナリタブライアンとコントレイルはどっちが格上か?】の続きを読む

    7443a_1386_505d737963ab01a42fd702ad7a13e066
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1631272135/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/10(金) 20:08:55.64 ID:UzDL5qrG0
    怪我さえなければ…

    【【戦績には載らない強さ】ナリタブライアンが凱旋門賞行ってれば勝てたよな?】の続きを読む

    210720_2
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1626616215/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/07/18(日) 22:50:15.56 ID:HHhH55id0
    【英・ジュライC】スターマンがG1初制覇、2着は窪田芳郎氏所有ドラゴンシンボル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/198ee472eca52e2979ba1b0cfc3ced22ead1dc7f

    【【オジサンは二度見するw】スターマン 英GI制覇】の続きを読む

    このページのトップヘ