トレーナー

    Olivier-Peslier20081123
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1628248243/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/08/06(金) 20:10:43.55 ID:ZuvoakuU0
    ーペリエ騎手は94年、ルメール騎手は02年から日本で騎乗していますが、その当時に比べ日本競馬はどのように変化しましたか?

    ペリエ ボクが乗り始めたときは、とにかくスピード優先のアメリカンスタイルでした。テンから飛ばす競馬をしているから制御の利かない馬が多かったね。でも今は騎手ごとにいろいろなスタイルを実践して、ひとりひとりが考えて競馬をしている。そういう部分でのレベルアップはすごく感じるよ。

    ー今の日本競馬は海外遠征も当たり前となり、多くのGIも勝利しています。馬のレベルアップは相当なものだと感じますが。

    ペリエ ノー。馬じゃない、馬はトレーナーによって変わるんだ。ということは言い換えると、トレーナーの腕が変わってきているということ。以前とはまったく違う。

    ルメール たしかに、それはすごく感じるね。一回逃げて強い勝ち方をすると、次も『逃げろ』、その次も『逃げろ』ずーっと『逃げろ』って指示を出してくる。逆に追い込んで強い勝ち方をするとずーっと『後ろから』という指示が出る。一回成功すると同じパターンにハメようとするのが本当に不思議だった。でも今はそういう疑問に直面することは少なくなりました。

    ペリエ 当たり前のことだけど、レースは毎回毎回違うわけだからね。

    ルメール 競馬はゲームではないし、馬もロボットじゃない。たった一回の成功がその馬にとっての正解ということはありえない。パターンを決めず、そのときの状況によって柔軟に対応する、それが人馬の成長につながるんです。

    ペリエ 今は若いトレーナーがスタッフのあらゆる意見を聞いて、結果につなげている。そういうコミュニケーションはいい馬をつくるうえでとても重要なことなんだ。それが少しずつ実を結び、大きな変化を生んでいるんじゃないかな。

    https://uma-jin.net/sp/column/columnDetail.do?charaId=52&pcId=100084

    【【日本馬は強くなった?】オリビエ・ペリエ「ノー。馬じゃない。トレーナーの腕が変わってきている」】の続きを読む

    img_profile_hokuto_miyazaki_02
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1608257936/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/18(金) 11:18:56.88 ID:p+Wvta4I0
    Twitterで人の悪口を書いてる人は、前頭葉の働きが弱い人です。人間は感情的な脳を抑制する事で、社会性を獲得してきたきた生物。なのに、自分に何の利益ももたらさない批判を続ける人は、それが出来てない。感情は強力なモチベーションにもなりますが、それを向ける矛先はコントロールしてあげないと

    多いですよね......特に競馬。
    かわいそうな人たちです。

    https://twitter.com/bodydiscovery/status/1339547550357975040?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【何か言われたのか】宮崎北斗騎手「Twitterで悪口を書き込んでいるのは前頭葉の働きが弱い人」】の続きを読む

    このページのトップヘ