トラブル

    03636977-s
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1655767195/l50
    画像転載元:https://ochimusha.blog.jp/archives/27712498.html
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/06/21(火) 08:19:55.77 ID:1NEKYg1U0
    ほんまクソ

    【【薬物騒動に学歴詐称】ダノンプレミアムほど調教師に潰された馬いないよな?】の続きを読む

    shitsuke_shikaru_father_mu
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1620113443/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/04(火) 16:30:43.29 ID:Lq6WseAs0
    モラル欠如のトラブルも増加…「ウマ娘」ユーザーは良識ある行動を

    2月末に配信が開始されたスマートフォン向けのゲームアプリ「ウマ娘」が、配信開始から約1カ月半で500万ダウンロードを突破した。
    かくいう私も人気声優と同姓同名ということもあり、オタク文化には明るい方だ。新しいダート馬の実装を待ち望みつつ、日々楽しんでいる。

     そんなウマ娘は、現実の競馬界にも好影響。新規の競馬ファンの増加はもちろん、引退馬支援の拡大などにも波及している。ただ、光があれば影があるもの。
    残念ながら一部のモラルのないユーザーによるトラブルも増加している。

     例えば、ウマ娘に登場する引退馬の墓がある牧場に勝手に侵入したり、無断でドローンを飛ばしたりする問題が発生。
    ゲームに登場するニシノフラワーなどのオーナーである西山茂行さんのツイッターに常識が欠如した書き込みをする例も散見されている。

     西山さんはウマ娘を容認する理由として、ブログで「愛したセイウンスカイとニシノフラワーを想い出してくれる人がいるだけでいい(原文まま)」と説明。
    他にも私が桜花賞前に取材したメイケイエールのオーナーである名古屋競馬のように、好意的に見る馬主は少なくない。

     しかし理解ある馬主ら関係者に甘え、トラブルが増えれば、せっかくの好影響も台無しになりかねない。
    一人の競馬関係者、そして一人のウマ娘ファンとして、ユーザーの良識ある行動を願うばかりだ。(関俊彦)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e96c9f08e1768df0ab30492669853a8e0bb2cf51

    【【るーるをまもってたのしもうね】中日スポーツ 関俊彦記者「ウマ娘ユーザーは良識ある行動を」】の続きを読む

    82610_1523_b622b2fa_19f5af51
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1606359941/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/26(木) 12:05:41.56 ID:LQjN3p+90
     来る11月29日、ジャパンカップが行われる。アーモンドアイにコントレイル、デアリングタクト。
    三冠馬3頭が覇を競うのはJRA史上初とあって空前絶後の注目度である。しかしそんな折も折、デアリングタクトの故郷、北海道の日高ではトラブルが勃発していた。

     ***

     日高といえば、名馬の産地として知られる。年間2兆8800億円を売り上げる中央競馬の馬のおよそ8割が日高産だ。
    ハイセイコーにナリタブライアン……日高の名馬にデアリングタクトの名が加わるのは確実。
    だが、無敗の三冠牝馬(ひんば)に当たる光が強いほど、故郷に落ちる暗い影とのコントラストも鮮烈である。

    「競馬界が抱える慢性的な問題でもありますけど」

     と、ある牧場関係者が切り出した。

    「日高管内には700の牧場があり、約1万3千頭の競走馬などが暮らしています。
    でも馬に関わる仕事はいわゆる3Kで、日本人は離れてしまい、調教師や調教要員のなり手がない。圧倒的な人材難なのです」

     そこに、数年前からインド人が大量流入している。
    人口6万4千人の日高管内の商店ではヒンディー語がちらほら、豚肉が禁じられたイスラム教徒のためのハラルマーク付きの肉も売られるようになった。

    「調教要員に限ると、5年前はわずか5人でしたが、昨年は170人にまで急増しました。助手などを入れれば400人ほどのインド人に支えられています。
    インドはイギリスの植民地だったので競馬が盛ん。馬に馴れた人が多いんです」

     トラブルは、そのインド人のあいだで起きている。

    「原因は、インド人を斡旋する2グループの対立です。
    インド系マレーシア人の“サム”という人物のグループと、ネパール人の“ギリ”のグループで、調教要員や助手の引き抜き合戦をやっている。
    この争いに、デアリングタクトの代表オーナーである岡田牧雄さんも巻き込まれ、当惑しているようなんです。岡田さんはサムを使っていますから」


    競馬業界にインド人が大量流入 「三冠馬」産地の日高でトラブル、オーナーも困惑
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11261056/?all=1

    【【岡田牧雄氏も巻き込まれる】日高の牧場にインド人が大量に流入しトラブル多発】の続きを読む

    このページのトップヘ