ジャパンC

    2018-Japanese_Derby
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1626903753/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3_(%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC)
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/07/22(木) 06:42:33.80 ID:URsyonpU0
    大阪杯12着ワグネリアン(牡6)と天皇賞・春8着マカヒキ(牡8)は天皇賞・秋(10月31日、東京)かジャパンC。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2021/07/22/kiji/20210721s00004000660000c.html

    【【引退できないダービー馬】ワグネリアン(牡6)とマカヒキ(牡8) 天皇賞秋かジャパンCへ】の続きを読む

    796d7_929_spnldpc-20201107-0226-005-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1604742202/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/07(土) 18:43:22.15 ID:m6vHvFwd0
    サートゥルナーリア。ジャパンカップの鞍上は池添騎手に依頼したとキャロットHPで発表。
    午後6:19 · 2020年11月7日

    https://mobile.twitter.com/buena_vista23/status/1325004993552773126
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【ルメールじゃない!】サートゥルナーリア 池添謙一と初コンビ】の続きを読む

    520px-Fierement(JPN)_IMG_9823-1_20181021
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1595482210/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/07/23(木) 14:30:10.34 ID:jippfXKS0
    天皇賞・春で連覇を飾ったフィエールマン(牡5、手塚)が、今秋はジャパンCを目指す。手塚師は「秋の最大目標はジャパンC。もう一つGⅠの勲章を獲らせたい。復帰戦はオールカマーあたりになるんじゃないかな」と語った。
    (馬三郎より)

    【【秋は過酷ローテ】フィエールマン オールカマーからジャパンCへ】の続きを読む

    32c6f_50_207929ca_6327a4a9
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1591150448/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/06/03(水) 11:14:08.00 ID:3BUZd8vW0
    日本ダービーで史上7頭目となる無敗の2冠馬に輝いたコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は今秋、神戸新聞杯・G2(9月27日、中京)から菊花賞・G1(10月25日、京都)へ向かい、
    その後はジャパンC・G1(11月29日、東京)へ向かうローテを視野に入れていることが3日、分かった。

    管理する矢作調教師が「もちろん、(各レース後の)疲労の具合にはよるけど、俺の頭の中ではこの3戦かな」と説明。
    史上3頭目となる無敗の牡馬3冠を目指した後、世界決戦で古馬と初対決する可能性が出てきた。

    https://hochi.news/articles/20200603-OHT1T50038.html

    【【無敗2冠馬コントレイル】秋は神戸新聞杯→菊花賞→ジャパンCのローテを視野】の続きを読む

    600px-Suave_Richard_Japan_Cup_2019(IMG1)
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1580242253/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/01/29(水) 05:10:53.74 ID:5UcWSGKD0
    2018年大阪杯、19年ジャパンCを制したスワーヴリチャード(栗・庄野、牡6、父ハーツクライ)が現役を引退して種牡馬に転身することが28日、明らかになった。けい養先は、社台スタリオンステーションで、29日に競走馬登録を抹消される。

    有馬記念で12着に敗れた後、2週間ほどしてから右飛節に腫れと痛みが出はじめたということで、庄野調教師は「大事には至っていませんが、この春の最大目標であるドバイシーマクラシックには万全の状態で出走することは困難と判断し、
    オーナーサイドとの協議の結果、現役を引退、種牡馬入りが決まりました」と説明した。種付け料は200万円(受胎確認後)に設定された。通算19戦6勝。
    http://race.sanspo.com/keiba/news/20200129/ope20012905010001-n1.html

    【【19年JCなどGI2勝】スワーヴリチャードが引退、種牡馬入り】の続きを読む

    このページのトップヘ