コラム

    c7ae5_60_f43e4f65_05fe57db
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1640164105/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/12/22(水) 18:08:25.20 ID:g2a7O8u70
     今回をもってこのコラムを卒業させていただく。狭い世界だけに、良かれと思って書いた提言を散々批判され、多々つらい思いもしたが、ファンのみなさんに現場の生の声を伝えたい思いと、何よりも競馬社会のさらなる発展を願って書き続けてきた。
    ある意味、自分の勉強になったし、人間的成長にも寄与してくれた。今となっては書いてきてよかったと心から思うし、サンスポの関係者に深く感謝している。

     コラムが終了しても、調教師人生はまだまだ続く。これからもファンのみなさんを熱狂させるような強い馬を育てていきたい。そしてわれわれが愛する日本競馬の地位向上と発展を願ってやまない。
    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20211222/etc21122204590001-s.html

    【【身内からも雑音あったか】矢作調教師のコラムが終了「提言を批判され、つらい思いもしたが、勉強になった」】の続きを読む

    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1637401138/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/11/20(土) 18:38:58.14 ID:SQJrC+Wx0
    no title

    【【ガッキー巻き込まれるw】田原成貴さん やっぱりおかしいwwww】の続きを読む

    fb293_1676_990a16f6_e1c30537
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1625026455/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/30(水) 13:14:15.15 ID:wIur4KTt0
    【田辺裕信 ゆる~い話】馬、レース、騎手に影響勝敗を分ける馬場状態
    2021.6.30 04:50

     約2カ月間の東京開催が終わりました。春の開催は馬場状態について非常に悩まされました(苦笑)。最終週であるにもかかわらず時計が速くて、内が残る。どういうことなのか、と正直困惑しました。

     確かに、この時期にしては雨が少ない感じでした。東京や阪神に限らず、中京や新潟でも開催後半にもかかわらず、内が粘って踏ん張るシーンを多く見かけました。
    予想をされる方もそうかもしれませんけど、乗っている側としても本当に頭を悩ませます。

     ひょっとしたら馬場コンディションを保つための何か新しい技を馬場造園課が開発したのか、と思ってしまうのは、札幌開催の時計が明らかに速いからなんです。
    時計のかかる洋芝が、今までとは明らかに違う時計での決着となって、次々とレコードが記録されています。洋芝適性を見込んで遠征してきた馬には、厳しい馬場だったかもしれません。

     東京は芝の状態というよりもその下の部分である土の部分(路盤)が、開催が続いても凸凹になりませんでした。凸凹していなければ、芝の状態にかかわらず走りやすいはずです。
    それも影響しているのか、例年は開催後半や雨が降ると芝の塊が飛びかうのですが、今年はそれが本当に少なかったですね。

     馬場状態の変化は馬、レース、そして騎手の心理にも影響を及ぼしてきます。勝敗を分けるうえでも大きなウエートをしめているといえるでしょう。 (JRA騎手) ※隔週水曜日掲載
    https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20210630/etc21063004500001-s.html

    【【コラムにツッコミの嵐w】田辺「最近の馬場は最終週でも時計が速くて内が残るから困惑してる。乗っていて悩まされる」】の続きを読む

    210409_1
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1617878353/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/04/08(木) 19:39:13.81 ID:0q7GUYyc0
    感情を封印した「この5年」、そして新たな境地へ──【In the brain】
    https://news.sp.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=48654

     あるとき、レースやレース後のインタビューなど、自分の過去の映像を大量に見直す機会がありました。昔の映像から順に現在まで見ていくなかで、ふとあることに気づいたんです。

    「俺、30歳を境に、まったく笑わなくなってるな」

     その変化は実に顕著で、そこには険しい表情のまま、早口で淡々と機械的に喋っている自分がいました。

     30歳の年といえば、2016年。マカヒキでダービーを勝たせてもらった年です。前年には、約1年半にわたり一緒に戦ってきたハープスターが引退。
    ダービーを勝たせてもらった意義はもちろん大きなものでしたが、僕にとっては、とにかくハープスターの存在が大きかった。

     20代前半の頃は、レースを勝つことがうれしくて、重賞を勝つことがうれしくて、自分のなかから素直に喜びが湧き上がってきました。
    でも、有力馬への騎乗が増えるにつれて責任もどんどん重くなり、仕事との向き合い方も変わっていき…。

     気づいたときには、感情の大部分を“責任感”が占め、自分の喜びよりも、その馬を勝たせることが何より大事で、勝ってその馬に携わる方たちが喜ぶ姿を見てホッとする。いつしかそれがすべてになっていきました。

     きっかけは、やはりハープスターという馬に出会ったこと。ハープの引退後は、よりそういった思いが強くなり、その結果、笑うことがなくなっていったんだと思います。
    以来5年間、たくさんの人から指摘を受けました。それ以前から、「目つきが悪い」とか「態度が悪い」とかは言われ慣れていましたけどね(笑)。・・・

    続きはプレミアムサービス
    登録でご覧になれます。

    【【騎手界の文豪誕生w】川田がコラム開始「俺は5年前から感情を封印した。笑うことがなくなった」】の続きを読む

    Koichi-Hori2010
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1616584821/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E7%B4%98%E4%B8%80
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/03/24(水) 20:20:21.12 ID:LaArVU6G0
    ・この件は詐欺事件として警察が調査しても不思議じゃない事案だと思ってる
    ・この税理士はG1も勝ったこともある大馬主。コロナで生活が苦しくなった人はJRAの関係者には誰もいないことぐらいよく知っているはず。同じ馬主である私は、それが腹立たしい。
    ・50年前は競馬新聞を読んでいるだけで白い目で見られた。JRAはそれをイメージ戦略や公正確保で何十年もかけて払拭してきた。
     そうした努力を垣間見ない一部の無法者のせいで再び冷たい目で見られることになったのが悔しい。
    ・騎手や厩舎スタッフは厳重注意で良いと思うが、調教師は指導的立場にいるだけに氏名を公表するべきである。
    ・もちろん指南した税理士は即馬主バッジを返上して永久に競馬界からお引き取り願いたい。

    【【有名馬主がブチギレ!】アイアム・堀紘一氏「給付金受取を指南した税理士は永久に競馬界からお引き取り願いたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ