オークス

    5eb38_759_cef94b39_3edea50c
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1621338339/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/18(火) 20:45:39.24 ID:ErOyiepL0
    77歳

    【【古畑任三郎逝く】俳優の田村正和さん 1ヶ月以上前に亡くなっていた】の続きを読む

    e0d75_60_1010abf1_07a75430
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1621215287/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/17(月) 10:34:47.51 ID:OW3ZuUs/0
    【オークス】須貝調教師「ソダシはオークス向きだとずっと思っていました」無敗牝馬2冠へ意欲

    G1ロードは、いよいよクライマックスに向けて加速する。今週は、牝馬クラシックの2冠目、第82回オークス(23日、東京)だ。
    その話題を独占するのはもちろん無敗の桜花賞馬ソダシ。
    管理する栗東・須貝尚介調教師(54)が取材に応じ、府中の2400メートルこそ本領発揮の舞台と強調。
    無敗の牝馬2冠達成で“白毛伝説”の序章を締めくくるか。


     すべての道は樫の舞台へ通じていた。ソダシが史上3頭目となる無敗の2冠牝馬を目指す大一番を前に、
    須貝調教師に気負いは全くない。むしろ、悠然としていた。

     「ソダシはオークス向きだとずっと思っていました。心肺能力が半端なく強いんです。
    調教後の息遣いとかを見てもよく分かる。
    去年の夏からオークスを逆算して、という考えもあったからね。
    2戦目で(芝1800メートルの)札幌2歳Sを使ったのは、それもありました」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/aac5f5a51e358a180e59c1d9fd35e6f33aed9dc7

    【【距離不安を一蹴!】須貝調教師「ソダシはオークス向きだとずっと思っていました」】の続きを読む

    game_kuji_man
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1620639327/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/10(月) 18:35:27.52 ID:OsvZX6690

    【【今週のVMは先着順!樫とダービーは抽選!】東京競馬場 観客の入場再開!!】の続きを読む

    118b9_60_c851e787_44ecb682
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1620293175/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/06(木) 18:26:15.62 ID:IWyAZ4mG0
    第82回オークス・G1(5月23日、東京・芝2400メートル)に出走を予定するストライプ(牝3歳、美浦・尾形和幸厩舎)の鞍上が
    柴田善臣騎手(54)=美浦・フリー=に決まった。
    同馬を管理する尾形和幸調教師(45)が6日、明かした。同馬は短期放牧を終え、5日に美浦トレセンに帰厩している。

    柴田善騎手は15年のキャットコイン(12着)以来6年ぶりのオークス参戦となる。過去の最高成績は11年ピュアブリーゼの2着となっている。

    https://hochi.news/articles/20210506-OHT1T50045.html

    【【54歳6年ぶりの参戦】ストライプ 柴田善臣騎手と新コンビでオークスへ】の続きを読む

    cbb1e_929_spnldpc-20210505-0149-003-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1620193504/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/05/05(水) 14:45:04.82 ID:7IW7cjQS0
    忘れな草賞の覇者ステラリア(牝3=斉藤崇、父キズナ)はオークス(23日、東京芝2400メートル)の鞍上が川田に決まった。社台レースホースが発表。新コンビでG1獲りにチャレンジする。

    https://keiba.sponichi.co.jp/news/20210505s00004145339000c

    【【忘れな草賞勝ち馬】ステラリア 川田と初コンビでオークスへ】の続きを読む

    このページのトップヘ