アドマイヤビルゴ

    43e30_1676_e3cde60f_4c20a220
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1589334662/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/13(水) 10:51:02.35 ID:3j2TvAsQ0
    しょーがwwwwwwwwww


    4月19日の皐月賞(GI)で3着だったガロアクリーク(牡3、美浦・上原博之厩舎)は、川田将雅騎手との新コンビで、5月31日に東京競馬場で行われる日本ダービー(GI・東京芝2400m)へ向かうことがわかった。

    【【新コンビ結成】皐月賞3着ガロアクリーク 川田と日本ダービーへ】の続きを読む

    a0c56_929_spnldpc-20200509-0157-005-p-0
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1589147499/l50
    画像転載元:https://news.livedoor.com/
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/11(月) 06:51:39.14 ID:jheWeELV0
    1番人気に推された9日の京都新聞杯で4着に敗れたアドマイヤビルゴ(牡3=友道)はダービーを回避することが10日、決まった。
    友道師は「現在の賞金(収得賞金1600万円)では出走は厳しいのでダービーは見送ります。また改めてですね」と東京競馬場で説明した。
    https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/05/11/kiji/20200510s00004145422000c.html

    【【6億円馬がダービーを回避】アドマイヤビルゴ 友道師「(賞金的に)出走は厳しいので」】の続きを読む

    580px-My_Rapsody_kyoudoutushinhai_2019_honnbabanyuujyou
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1589093314/l50
    画像転載元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/10(日) 15:48:34.00 ID:WvlYfyu50
    サトノフラッグ
    サトノインプレッサ
    アドマイヤビルゴ

    皆どこへ行った😭

    【【悲報】武豊さん マイラプソディしかいなくなる】の続きを読む

    pog20050918190007-p1
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1589010043/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/09(土) 16:40:43.78 ID:i8ONwytG0
     ダービーの有力ステップ「京都新聞杯」は、キズナ産駒のディープボンド(牡3=大久保)が優勝。

     単勝1・4倍の断然人気だった「6億円ホース」のアドマイヤビルゴ(牡3=友道)は直線いったん先頭に立つも、伸び負けして4着に敗れた。
    藤岡康は「スタートは上手に出てくれた。最初のコーナーまで少し力んでいたが、そのあとは折り合ってくれた。
    4コーナーも反応したが、もう1段ギアが上がらなかったですね」と悔しそうに回顧。
    友道師は「現状の力は出してくれた。今後については未定です」と語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000162-spnannex-horse

    【【京都新聞杯 アドマイヤビルゴ4着】藤岡康太騎手「もう1段ギアが上がらなかったですね」】の続きを読む

    200505_1
    転載元:http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1588637656/l50
    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/05/05(火) 09:14:16.17 ID:idgjAO+60
     「京都新聞杯・G2」(9日、京都)

     ダービー出走は、無敗の高額良血馬に課せられた使命とも言える。17年当歳セレクトセールにおいて、5億8000万円(税抜き)で落札されたアドマイヤビルゴ。
    新馬戦Vに続き、若葉Sも力の違いを見せつけた。
    勝ち時計1分58秒6は、阪神で行われるようになった00年以降における最速で、上がり3F33秒6も驚異的。
    友道師は「今のところ注文がない」と感心する。

     騎手の節内移動制限により、2戦とも手綱を取った武豊は騎乗不可能に。
    バトンを託された藤岡康は責任重大だが、
    1週前追い切りに騎乗し「以前に乗った時よりもしっかりとして、驚くぐらい良くなった。レースは、スタートも上手で好位から自分で動いていく強い内容。楽しみです」と土曜を心待ちにしている。

     トレーナーも確かな成長を感じ取る。「動きも体つきも変わってきた。ここで賞金を加算して次へつなげたい」。
    まずは無傷の3連勝。
    世代頂上決戦をにらみ、歩みを進める。

    【【神戸新聞杯】藤岡康太騎手 アドマイヤビルゴの仕上がりに自信ニキ】の続きを読む

    このページのトップヘ